読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aussie3816のブログ

140字で分割するのが煩わしくなったので。

昔の友人から久々に突然の連絡

 先日夕食を食べ終えて自室でくつろいでいるとスマホからLINEの通知が鳴った。見てみると、「久しぶり!今どこ 何してる?」のようなことが書いてあった。よくよく見てみると、ここ数年全く連絡をとっていなかった昔の友人からだった。質問の意図が読めなかったので「久しぶり。いきなりどうしたの」と返すと、こともなげに「いやいや、質問に答えてくれ」と。

 以前こそ仲の良い間柄ではあったものの密に連絡を取らなくなって数年経過しており、突然過ぎてややムッと感じたので「せっかくの久しぶりの連絡にそんな意味不明な言い方は何だ。そちらこそ今どこでどうしているか先に言うべきではないか(実際はもっと柔らかい文面)と送った。すると画像が一枚送られてきて、以前同様に仲良かった友人とLINEの送り主の2人の自撮り写真であった。居酒屋の席で楽しそうにしており、どうも昔の友人同士数人で同窓会をしているようだった。そして矢継ぎ早に「今から〇〇(友人の地元。私の自宅からは電車で20分ほど)まで出てきてくれよ(笑)*1と。一緒に飲もうということだと思われたが、結果から言うと行かなかった。彼の”親切な”お誘いに私がどう返したかというと「せっかくなら最初から声をかけてほしかった。久々の連絡なのに。(実際はもっと柔らかい文面)」であった*2

 断っておくと私は何でもかんでも人からの誘いを突っぱねているわけではない。今回の件にしても彼ともう何年も連絡を取っておらず本当に何処で何をしているかお互いに知らない状態だったので、他の友人らも含めて旧交を温めたいと思ったのは紛れもない事実である。移動時間と距離も面倒になるほど大きいわけでもなかった。しかし今回は相手の態度が私の”カチンセンサー”に引っかかってしまったのだ。

 相手に送った文面通り、誘うなら事前に正式なメンツとして通達してほしかったのである。飲みの席の途中でそこに居ない誰かを途中から呼ぼう、という文化が世の中にあるのは知っている。それは往々にしてその場の話の流れから突発的に始まることだし、それで途中から呼ばれて喜んで馳せ参じる人間がいることも理解する。しかし、今回私はそうして呼ばれても嬉しくなかった。彼らにとって私が本当に昔を懐かしみたいような相手だったなら、友人同士で集まった時点で私の話題が出るのではないか?彼らにとって私は所詮途中から思いつきで呼びつける程度の存在だったのだ、と私は思ってしまったのである。彼らの内心は確かめようもないし結局こちらの受け取り方次第でしかないのだが、その時の私は彼らを大事に思えなかったのである。*3

 あと単純に私がいきなりその日一日のスケジュールを変えたくない性格だということも付け加えなければならない。食事だけでなく、どこかに行こう、出かけて何かしようと提案されるのは当日であってほしくない。自分の頭のなかに長期中期短期それぞれにスケジュールとタスク管理があって、その感覚に基づいて今目の前で何をするかを決めているつもりなので、他人からの提案がいきなりであればあるほど私の心理的ストレスは大きいのである。できれば私に対するあらゆる”お誘い”は1~2週間の猶予を与えて欲しいものである。世間はもっとフレキシブルに対応するしそうして世界は目まぐるしく変化していってるしその中で暮らしている以上自分もそこに適応すべきであろうが少なくとも得意ではない。そう言いつつも夕方頃になってから友人を自分から食事に誘ったことはあるので矛盾しているのだが、あくまで自分の精神的な余裕、キャパシティに由来する行動なので常にそうではないのである。私に直接面識のある皆様には多大な迷惑をかけるし努めてそうならないようにするが、一応分かっておいて欲しい。すみません。

*1:一般的にこの(笑)という記号が持つ役割は発話のカジュアルさ、楽しさの表現に過ぎないし実際彼も特に深い意味があってこれを付与したわけではないだろう。しかし私はネット空間におけるある種のコミュニケーションプロトコルに毒されすぎていてもうこの記号を見るとバカにされているようにしか感じられなくなっている。この記号の存在がこの時の私の感情にトドメを刺した。

*2:相手とのやり取りは私のこのメッセージを最後に途切れている。つくづく失礼なヤツだ。

*3:連絡を受けたとき既に家族との食事が終わっていて、自分としては珍しく飲酒していたことが総合的に当時の自分の感情に影響していた可能性は大いにある。ただ本当に行きたいと思ったのであれば、「もう食事済ませてしまった、ごめん」くらい言ったと思う。

JRの定期券を買うまでの段取りが面倒くさかった

以前は浜松に住んでいたが、留学から帰国し昨年の10月に復学してからは実家から電車で通っていた。その後訳あって今年の1月から住む場所が変わったのだが、転居先の最寄り駅が実家の最寄り駅よりも東に、つまり浜松から遠くなって通学距離が伸びることになった。年内に新しい定期券を用意しておこうと思い、12月下旬に浜松駅の窓口に赴いた。

定期券取得までに行った場所を先に列挙すると

①浜松駅

***2日目***

②大学窓口

③以前住んでいたアパートの管理会社

④以前住んでいたアパートの大家さん

⑤大学窓口

***3日目***

⑥大学窓口

⑦自宅最寄り駅窓口

となった。

 

学校帰りに浜松駅の窓口で現在の定期券の通学区間を変更したいと申し出ると、

  • 定期券の変更は一度解約して未使用期間分を払い戻し、再度新たな区間で書い直す扱いになる。
  • 学生運賃での定期券購入には通学証明書の提示が必要である。

と係員さんから告げられた。

当然と言えば当然なのだが、通学証明書は通学区間が変わるごとに学校から発行してもらう必要があるということが分かった。

***ここから2日目***

翌日大学の当該窓口*1へ通学証明書の発行を依頼しに行ったところ、

  • 通学証明書の発行を許可するのは「基本的に」実家の最寄り駅まで。
  • 実家の最寄り駅より遠い駅からの通学証明書の発行には規定の文書にその事由を記述する必要がある。*2

とのことだった。

具体的な説明はしないが転居の理由は親戚の介護とか家族の異動とかとにかく複数の事情が重なった正当なものなのでその旨を渡された書面に長々しく書き出して提出した。

また通学証明書の申請には本来

  • 学務情報システムで住所情報の更新
  • 新居に住んでいることの証明(物件の契約書)
  • 浜松に住んでいないことの証明*3

が必要とのことだった。

1つ目と2つ目については理解できるとして、3つ目については証明もなにも…という感想だった。しかし交通事業者に採算度外視の割引を強いる以上通学証明書取得には浜松に住んでいないことの証明が必ず必要とのことだった。

留学に際して浜松のアパートを引き払う際に転出届*4なる書面を大学に提出していなかったので、その書類に署名をもらおうと以前住んでいたアパートの管理会社へ向かった。

ここでは

  • ここは管理会社ではあるが物件の所有者ではないので大家さんに直接問い合わせてほしい

とのことである。

管理会社と大家さんの不思議な分業体制に辟易しつつ次に大家さんに電話してみた。「帰宅は17時くらいになる」とのことであった。この時点で正午あたりだったがやむなく夕方まで待機していた。しかし17時という時間設定は私にとってはかなりギリギリだった。というのも大学における通学証明書の申請には、

  • 午前中に申請されたものは当日16時以降受け渡し
  • 午後に申請されたものは翌日以降受け渡し

という規則がある。この日のうちに窓口に申請できなければ次の日にまた申請のために窓口に赴かねばならない上に、この翌日は偶々5コマに用事があって窓口に行くことが出来ない。つまりこの日のうちに大家さんの帰宅を待ってサインを受け取り、窓口の閉まる17時15分までに申請を済ませられなければ通学証明書の受け取りが翌々日になってしまうのである。

どう考えても17時ちょうどに訪問しても間に合わないので、16時45分くらいに大家さん宅に伺った。焦りつつ玄関まで行ってみるとご家族と思われる方がいらっしゃったので声をかけてみた。事情を話してみると代理でも構わないとのことだったのでやりすぎなくらい感謝の弁を垂れてサインをもらい学校へ向かった。この時点で17時。そして大学まで自転車で15分の距離である。この道程を10分で駆け抜け、その疲弊具合に担当の方に若干心配されつつも無事(?)書類を提出。翌日の通学証明書発行を待つこととなった。

***ここから3日目***

翌日の午前中に大学窓口で念願の通学証明書を手に入れた。1日のスケジュールを終えた後電車で自宅に帰り、その後駅で新たな通学区間の定期券を購入した。

ここまで書いていて当時の面倒くさい思いや各種手続きの煩雑さを思い出して嫌な気分になった。仕方がないとは言え定期券1つ買うのに足掛け3日かかるとは思いもよらなかった。

結論:書類手続きは余裕を持って計画的に。思い立ったように年末にやるのは賢くなかった。

 

 

*1:名称忘れた

*2:学割の割引率は破格なので正当な理由なく発行できないとのこと

*3:正式な呼称は忘れた

*4:この人はこのアパートから退出しましたという証明書。アパートの管理人のサインと印鑑が必要

日記2017-02-01

headlines.yahoo.co.jp

※この投稿は「芸能リポーターという人種は有名人や芸能人の痛くもない腹を探る胡散臭い連中だ」という私の偏見に基づいています。

私が「ネット」に染まったのは2010年からですが、それ以前から芸能リポーターという存在は胡散臭いものだと思ってきました。芸能活動や芸能人と呼ばれる人たちが社会に不必要だと言うつもりはありませんが、そこに群がる芸能リポーターという肩書の人たちのことを自分でどう捉えたらいいのかずっと分からないままです。

ただ、彼らが芸能人や有名人のことを更によく知りたいという大衆の欲求に支えられていることは理解します。ある人に強く光が当たればその陰を想像する人も増えるわけで、その領域について直接聞きに行くことも出来ないし聞く勇気もない人たちの代行として芸能リポーターのシゴトがあることは言わずもがなです。

しかし(あくまで私の目に映った範囲の話ですが)有名人や芸能人がリポーターの問いかけを逸らかしたとして、それを情報バラエティ番組()はどう演出するでしょう。言いたくない事実がありそうだ、と視聴者に想像させるやり口をとるのではないでしょうか。そういうのを見ると「それはあなたの感想ですよね」と悩ましい気持ちになります。彼らが何を隠しているというのでしょう。隠しているのではなく、敢えて殊更に言及しない選択をしているだけなんじゃないか、言うつもりがあるならいつか然るべきときに言い出すだろう、と私は思ってしまうのです。光を当てなければ陰も出来ようがない。(冒頭に引用した記事のタイトルを引き合いに出すなら、報じられてもいないのにお前らが勝手に語っちゃっていいの?ということです。)

いつぞや見た『ミヤネ屋』では芸能リポーターの某(なにがし)がどこぞの有名俳優のスキャンダルについてまるで専門家ででもあるようにスタジオで解説しており、その立ち位置がまるで意味不明でした。専門家には違いないのでしょうが、その姿があたかも自然災害について解説する気象研究員のような雰囲気で、「お前の何が偉いのだ?」と落胆にも似た感情を持ちました。例えば俳優の誰と誰が仲が良くてあの歌手とは嫌い合っているなどというネタは風が吹けば飛んでいってしまうような些末なものにしか思えない。ましてそれを専門の研究員よろしく人前で語るなんていうの人の気が知れない。職業差別でしょうか。

********

www.onsen.ag

弱虫ペダル NEW GENERATION』のウェブラジオの最新回を聞きました。岸尾だいすけ氏がゲストでした。内容は毎度お馴染みの当たり障りのないものでしたが、岸尾さんの芸の幅の広さが光る回でした。同アニメのキャラクターのモノマネを次々と繰り出し、その全てが上手い。外見に左右されないだけに、声真似というのは声優の芸(の)能力が如実に表れるのだなあと素直に感心しました。

今期のアニラジでは『スクールガールストライカーズ Radio Channel』『クズの女子会』『亜人ちゃんはラジオで語りたい~でみらじ~』『小林さんちのイシュカン・ラジオ』などを聞いています。『クズの女子会』はパーソナリティは好みなんですがコーナーや読まれるメールが甘ったるすぎて聞いていられないことがたまにあります。積極的に笑いを誘わないタイプの番組なのでいずれ聞かなくなるかも。他は作家さんが話題と笑いをコントロールするタイプっぽいので違和感なく聞いてます。

ホントは男女ペアでボケツッコミが明確に別れてる組み合わせが好みなんですけど。

ディメラジ~Dimension W Radio~』や『『無彩限のファントム・ワールド』WEBラジオ「探偵ファントムスクープ」』は面白くて終わってしまうのをとても惜しんだものです。

はてなブログを始めました。(投稿テスト)

記事投稿テストを兼ねたご挨拶です。

Twitterにも書いた通りなのですが、日に日にツイートが長文化して何度も文字数超過で怒られては2分割3分割するという手間が週に一度は発生しています。そんな状況でもこれまでTwitterの利用に半ば固執していたのはTwitterでないと誰も読んでくれないのではという見栄のような些細な感情があったからです。しかしTwitterは短文を次々に投稿することでコミュニケーションを加速させる意図があるように感じられ、自分がそうであるように長文はそもそも目に入らない(入りにくい)媒体であるようにも思えるのです。ならばいっそのこと、いくらでも書ける空間を確保しておいて、書きたいときにまとめて書くというスタイルをTwitterから隔離しようということなのです。

ブログを設けるというと人気ブロガーとかゆーちゅーばーみたいな「人に読ませる、見せる」ものという在り方を自分の内外から求められてしまうのではとも思ったのですが、ちょっと考え方を変えてその時々の思考を保存しておく場所だと見なすことにします。限られたネットリソースをこんな形で浪費して良いものか、いやいやネットの使い方くらい好きにさせてください。

※あくまでブログが自分にとって向いているか考える試みなので、すぐにやめるかもしれません。